【現品購入】市販の白髪染めとの違いを徹底比較! ルプルプのヘアカラーの商品レビュー-2

【現品購入】市販の白髪染めとの違いを徹底比較! ルプルプのヘアカラーの商品レビュー-2

白髪染めしながら髪の毛をトリートメントする、ヘアカラートリートメントLPLP(ルプルプ)。
市販の白髪染めを使い続け、髪の毛の痛みやきしみに悩まされてきました。
「白髪染め」ではない、「ヘアカラートリートメント」に初めて挑戦してみることにしました。
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

ヘアカラートリートメントLPLP(ルプルプ)はカラーが5種類

市販の白髪染めの魅力は、たくさん選べる「髪色」ではないでしょうか?
ヘアカラートリートメントLPLP(ルプルプ)も髪色が5種類の中から選ぶことができます。
ブラウン
ダークブラウン
ナチュラルブラック
ソフトブラック
モカブラウン

公式サイトで、色を確かめてみる↓

≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

自分の今の髪色に近いものを選びたかったのもあり、ダークブラウンを選んで購入しました。
カラーサンプルを見ると、ソフトブラックナチュラルブラックと黒にも細かく種類が分かれているのが使いやすそう。
次回はモカブラウンも試してみようかなと思ってます。

注文して3~4日で、宅配便で手元に届きました。
ちなみに支払い方法は「クレジット」「代金引換」の2種類だけです。
(私としてはコンビニ後払いがあるといいと思います)
でも代金引換は代引き手数料がかからないので、そこはとてもありがたいです。
もちろん「代金引換」で注文いたしました。

LPLP(ルプルプ)の商品到着時の様子。商品と一緒にシャワーキャップが一つついてきます。

こちらが手元に届いた状態です。緩衝材も入ったしっかりした梱包で、手元に届きます。
きちんと注文したカラー「ダークブラウン」が届きました。使いのが楽しみです。

初めてでも丁寧な説明書があるので、安心して使えます。

使う前に「正しい使い方」の説明チラシをきちんと読んでみました。
まずは初めでヘアカラートリートメントLPLP(ルプルプ)を使う場合、
「色が定着するまでの使いはじめは、乾いた髪に3回程度の連続使用がおすすめ」
とのこと。
市販の白髪染めなら1回で済むのに…。とくじけそうになりましたが、ちょっと頑張って挑戦してみましょう。
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

ちなみに使用量の目安ですが、
ショートスタイルで約9回分
セミロングで約7回分
ロングスタイルで約5回分
だそうです。
さてさっそくLPLP(ルプルプ)で白髪を染めていきます。

LPLP(ルプルプ)の公式サイトでは、「シャンプー後でなくても可」とあります。
他のヘアカラートリートメントは、「シャンプーをしてから、白髪染めをする」方法が多くあるようです。
ちなみに市販の白髪染めを使っていた私も、「髪の毛の余分な皮脂や汚れ」を落とした方が染まりやすくなると思い染める前にはシャンプーしていました。
1回目は今までと同じくシャンプーをしてから、LPLP(ルプルプ)を使ってみることにしました。

1回目の白髪染めが終了した状態。手につくのが嫌だったので、手袋はしました。

LPLP(ルプルプ)で染める時には、面倒な手袋をしなくても素手のままでも大丈夫なようです。初めては不安なこともあり、手袋と白髪染め用ブラシ(以前購入した白髪染めについていたものを使ってみました)。

塗り終わった後は、色素が髪の毛に定着するようにサランラップで髪の毛を巻きます。
ちなみにヘアカラートリートメントLPLP(ルプルプ)購入時に、シャワーキャップがついてきています。

シャワーキャップではなく、ラップを巻いて定着まで30分ほど待ちます。

このまま20~30分のんびりと待ちます。
今まで市販の白髪染めは、独特の匂いがするので家族から「くさい!」と言われることがあったのですが…。
まずは旦那が「あれ?なんかハーブのいい匂いするけど。」と洗面所に入りながら言われました。
娘たちにも香りは大好評のようで、色が定着する待ち時間はとても気分よく過ごすことができました。
≪ルプルプ通販サイト≫ダメージゼロの白髪染め

次回は「ヘアカラートリートメントLPLP(ルプルプ)」の白髪染めの結果をレビューします。

白髪染めカテゴリの最新記事