40代敏感肌におすすめ!ヴァントルテの洗顔&メイク落としが優秀でした

ヴァントルテ(VINTORTE)のトライアルセット
コスメレビューサイトでみたヴァントルテ(VINTORTE)のクチコミは、★の平均値が5(最大値が6)。
ミネラルファンデーションも高い評判。
気軽に試せるスキンケアのトライアルセットをきっかけに、化粧水をリピ購入する報告があるほど…。

ヴァントルテのスキンケアトライアルセットを実際に試してみて、
「実はメイク落としと洗顔フォームが、働く40代女性にオススメなのでは?」
という思いが湧いてきたのです。
その理由を実際に使っている画像と一緒に、今回はご紹介していきます。
ボタニカルモイストシリーズはこちら >>>

【ヴァントルテ】ボタニカルモイストクレンジングミルク(クレンジング)

ヴァントルテのクレンジングミルク

ヴァントルテの洗顔は、メイクを落とすためのクレンジング泡立てタイプの2種類があります。
クレンジングミルクは、「メイクと洗顔の両方ができる」と公式サイトであるのですが…。
「クレンジングミルクと洗顔料の両方を使ったら、肌がつっぱる?」
という疑問。両方を使った感想ですが、「しっかりメイクなら、両方使うのがオススメ」です。

ヴァントルテのクレンジングミルク

まずはクレンジングミルクの洗浄力をチェックしていきましょう。
アイライン用ペンシルで、手の甲に試し書きをしてみました。ヴァントルテのクレンジングミルクで、キレイに落ちるのでしょうか?

ヴァントルテのクレンジングミルク
まずは手の甲にクレンジミルクを載せて、数回指で擦ってみました。まだアイラインの跡は、しっかりと残っています。

ヴァントルテのクレンジングミルク

約5~6回ほどクレンジングミルクでこすってみました。少しずつ落ち始めてきました。

ヴァントルテのクレンジングミルク

これは10回ほど経過した画像です。アイラインがほとんど落ちています。クレンジングミルクの洗浄力は、劇的ではないのですが、クルクルとマッサージをしているうちにスルスルと落ちていく感覚でしょうか。

ヴァントルテのクレンジングミルク
肌への負担が少なく、使いやすいクレンジングミルクです。
クレンジングミルクを拭き取った後の肌、しっとりと保湿して敏感肌でも傷めることなくメイクを落とすことができました。
ボタニカルモイストシリーズはこちら >>>

ボタニカルモイストクレンジングミルクの全成分
ボタニカルモイストクレンジングミルクの全成分:
サトウカエデ樹液、水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、プロパンジオール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、ペンチレングリコール、(カプリル酸/カプリン酸)PEG-6グリセリズ、ポリソルベート60、チシマザサ水、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、カイコまゆエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、スクワラン、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリコシルトレハロース、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、イソステアリン酸ソルビタン、アラントイン、カラメル、イソマルト、ラウロイルラクチレートNa、レシチン、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、乳酸、結晶セルロース、BG、フェノキシエタノール

【ヴァントルテ】ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔フォーム)

ヴァントルテのクレンジングミルク

ヴァントルテの洗顔フォーム、ボタニカルモイストウォッシュにもピュアシルク植物幹細胞エキス(リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス)が成分に入っています。
「洗顔で汚れを落とすだけでも、成分への妥協はしない!」
というヴァントルテさんの姿勢がにじみ出ています。私はこういう商品開発の姿勢が好きです。

ヴァントルテのクレンジングミルク

無添加コスメにありがちな、「柔らかい泡」をヴァントルテの洗顔料でも予想していたのですが…。
まず泡のきめ細やかさに、驚きます。
洗顔用の泡立てネットを使ったのですが、簡単に優秀なもこもこ泡がすぐにできました。

ヴァントルテのクレンジングミルク

ややもっちりとした感触の泡なので、敏感肌でも優しく洗うことができました。
メイク落としをしたあとに、「とどめの洗顔!」にヴァントルテのモイストウォッシュを使っていますがつっぱり感を感じたことはありません。

開いた毛穴や小じわが残る肌に、しっかりメイクの跡が少しでも残るのは明日の美肌には邪魔です。
毎日のメイクが欠かせない40代の働く女性にとっては、ヴァントルテのW洗顔はオススメです。
ボタニカルモイストシリーズはこちら >>>

ボタニカルモイストウォッシュの全成分
ボタニカルモイストウォッシュの全成分:
サトウカエデ樹液、水、ステアリン酸、ミリスチン酸、グリセリン、水酸化K、ラウリン酸、ジグリセリン、ソルビトール、ジステアリン酸グリコール、コカミドDEA、トレハロース、ココイルグリシンK、チシマザサ水、カイコまゆエキス、コメデンプン、コメ発酵液、酒粕エキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、プロパンジオール、セルロースガム、イソマルト、フィトスフィンゴシン、カプロオイルフィトスフィンゴシン、アラントイン、グリチルリチン酸2K、ラウロイルラクチレートNa、レシチン、キサンタンガム、コレステロール、カルボマー、乳酸、ペンテト酸5Na、BG、フェノキシエタノール

ヴァントルテのスキンケアトライアルセット、おすすめポイント

洗顔からスキンケアまでのフルラインを5日間堪能できる、ヴァントルテのスキンケアトライアルセット。
「エイジング肌の私に、合うかな…」
無添加化粧品の場合、「天然・ナチュラルなイメージ」が強いのでトライアルセットの注文もためらいます…。

しかし40代毛穴の開きが気になる、敏感肌にとっては
・ナチュラルなイメージとは違った、しっとりタイプのスキンケア
・肌への負担が少ないイメージの無添加コスメ
・合成香料・着色料が不使用
パラベン不使用
のポイントは重要です。

気軽に試せるヴァントルテのスキンケアトライアルセット、ぜひ堪能してみてくださいませ。
今回も最後までお読みくださって、ありがとうございました。