【2017総選挙】オフィスで女子ウケするハンドクリーム、1本目はナールスロゼに決定!

職場のデスクや通勤中のカバンから出すハンドクリーム、意外と他人が使っているブランドが気になります。
ロクシタン=ナチュラル系、ニベア=機能重視で経済的など…。
そろそろ手の乾燥が気になり、2017年ハンドクリーム1本目を決めるまでとナールスロゼの使い心地をレポートしました。

会社で女子ウケするハンドクリームの条件とは…

毎日会社でパソコン作業している時に、デスクの上に常備しているハンドクリーム。意外とハンドクリームは、女子社員にとっては会話のきっかけになったり、センスが問われたりするもの…。
家で使うのはプチプラでもいいけど、会社で使うハンドクリームは慎重に選ばないといけません。
1・機能重視
しっとり潤うけど、書類やキーボードを汚さないようにベタつかない
2・香り重視
隣のデスクにまで匂うので、強くなく誰にでも好まれる品の良い香り
3・ブランド重視
あまり知られていない、でもきちんと感のでるブランド
この3つのうち、「きちんと感のあるブランド」は意外と難しい。

40代女子向け、ハンドクリームをブランド別に考える…

ハンドクリームの王道は、やっぱりロクシタン。でも隣の若い後輩女子が使っていて、さすがに”かぶる”のは恥ずかしい…。
シャネルディオールから、話題のハンドクリームにしようかと思いました。でも「ハイブランド」すぎるのが女子ウケしないどころか、嫌味になりかねません。

かといってプチプラのハンドクリームは、40代の年齢的にちょっと恥ずかしいし…。
2017年の秋冬に私のデスクに置くべき”2017ベストハンドクリーム”探しは、混迷していました。
しかし3つの条件を兼ね備えた、ハンドクリームを探すことができました。

2017年のハンドクリーム1本目は、ナールスロゼに決定!

ナールスロゼ

2017年栄えある1本目のハンドクリームは、ナールスロゼにしました。ダマスクローズの香りがするハンドクリームです。
ナールスゲン配合エイジングケアローション「ナールスピュア」

ブルガリア産ダマスクローズが、50%の超濃密配合して豊かな香りがします。ナールスロゼは無香料タイプ。強すぎないローズの香りは、そのため心地よい香りの強さです。

最先端のエイジングケア成分のナールスゲンが推奨濃度配合されています。
ナールスゲンは、京都大学と大阪市立大学大学院が共同開発した成分。
コラーゲン:お肌の潤いと弾力の元となる成分
エラスチン:コラーゲンの繊維をしっかりと束ねる成分
HSP47:ヒートショックプロテイン47の略称。コラーゲンの質を保つのに重要な成分。
この3つのタンパク質にナールスゲンはアプローチして、育むエイジングケア成分とも呼ばれているそうです。

他にもヒト型セラミドビタミンC誘導体ビタミンE誘導体が成分に配合。家事や仕事で乾燥しがちな40代の手元をエイジングケアしてくれます。ハンドクリームに求めていた機能としては、十分すぎるほど。

ナールスロゼ

さっそくナールスロゼを、手に付けてみることに…。
ハンドクリームの大きさは、デスクに置いても邪魔にならないサイズ。手のひらに乗るくらいなので、高さは約12cmほど…。

ナールスロゼ

チューブからハンドクリームを出すと、透明なピンク色のジェルが出てきます。
可愛らしいピンク色に、優しいローズの香りに癒されます。

忙しい仕事の合間に、リラックスタイムができたようです。

ナールスロゼ
そして手に塗ると、驚くほどさらりとした使い心地
油脂クリームではなく、ジェルタイプだからかベタツキを感じません。

ナールスロゼ

ナールスロゼのハンドクリームをさっそく会社のデスクの上に置き、使ってみました。

すると隣の後輩女子社員に、

「ハンドクリーム、新しくしました?どこのメーカーのですか?」と質問されました。
2017年秋のハンドクリーム1本目、デビュー成功です。

 

ラッピング袋がついた、ナールスロゼの3本セットも今ならお得になっているみたい。
プレゼントのお返し用にも、ナールスロゼは活躍しそうです。
ちょっとしたお返しやプレゼントに、会社やママ友にこれなら堂々とお渡しできます。