人気のクレイ洗顔「どろあわわ」、思春期の娘と40代超乾燥肌の母が使ってみました!

人気のクレイ洗顔「どろあわわ」、思春期の娘と40代超乾燥肌の母が使ってみました!


もっちり泡で有名などろあわわ。雑誌でも、ネットでも人気のクレイ洗顔「どろあわわ」を40代女子の私と高校生の娘と一緒に使ってみました。
「泥(クレイ)タイプの洗顔料」は、毛穴汚れの吸着が強いのが特徴。
「肌のうるおい重視」の乾燥肌の悩みを持つ40代大人女子の使用感をレポートします。

【追記】2018年11月11日
どろあわわ&くろあわわが2018年リニューアルしました。
新商品の紹介記事はこちら >>>

クレイウォッシュ・どろあわわの特徴と成分

どろあわわを「クレイウォッシュ」と思っていましたが、泥以外にも特徴的な3つの成分が入っています。

汚れを吸着する「マリンシルト」


美しい沖縄の海の底に数百万年も眠っていた「マリンシルト」は、特殊な粘土のこと。
非常に細かい粒子でねっとりと粘度も高く、肌のごわつきに原因になる角質や毛穴汚れを吸着します。

お肌をキュッと引き締める「ベントナイト」

海底に堆積した火山灰から生まれた特殊な泥、ベントナイト。メラニンを含む角質や毛穴汚れを掻きし、毛穴をスッキリし肌を引き締めます。

肌に潤いを与える「豆乳発酵液」

イソフラボンたっぷりの豆乳を乳酸菌で発酵した「豆乳発酵エキス」は、発酵することで分子が細かくなっています。細かな分子になることで、肌への浸透性が高くなっています。

当初「クレイ洗顔=肌が乾燥してしまう」という不安がありましたが、しっとり保湿してくれるような「豆乳発酵エキス」が成分に入っていることで安心感を感じました。
どろあわわの全成分も合わせて記載します。

どろあわわの成分
水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG-150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン
どろあわわを使って良かったクチコミ
・もっちりとした泡が簡単にできた。洗浄力が強い。
・鼻の黒ずみもすべてではないけど、確かに取れる。
・洗い上がりがさっぱりとして、つっぱり感はなかった。
・顔だけではなく、身体を洗うのにも利用している。
・ニキビの直りが早かった
どろあわわを使って悪かったクチコミ
・価格が高い
・毛穴の汚れが落ちない
・もっちり泡のおかげで、少し息苦しい

どろあわわに寄せられたクチコミの傾向をまとめると、

・20代女性の利用者も多いが、40~50代の利用者も多い。
・使用後のしっとり感の報告が多い
男性の利用者もいる
という点。
毛穴汚れも解消できて、しっとり感も感じることができるどろあわわ。使用前から期待感が高まります。

>>>>詳しい商品情報は、どろあわわ公式サイト

私が使う前に高校生の娘が使ってみました。
「どろあわわ、凄い! ニキビが治った」
日ごろ気になっていたニキビが、治まったと興奮気味なご様子。アトピー肌で乾燥肌が悩みの娘ですが、どろあわわ洗顔後しっとり仕上がるのだそうです。

娘の言葉を半信半疑な気持ちで聞きながら、母もどろあわわを使ってみました。
泡立てネットを使うと、もっちりとした細かな泡が出来上がります。泡で顔を洗うという表現で間違いありません。
洗顔後汚れがしっかり落ち、しっとりした仕上がりになりました。
アイラインやマスカラなどしっかりメイクは、どろあわわの前にメイククレンジングをした方がキレイに洗いあがります。

娘からも「意外と洗い上がりがしっとりするから、お母さんにもいいかもよ…」とのアドバイス。
うるおいまでキレイに洗い上げてしまうクレイ洗顔。
少し不安でしたが使い終わってみると、毛穴は綺麗になるのにつっぱらない。むしろしっとりうるおいが残る洗い上がりに…。
どろあわわのもこもこ泡も、気に入ってます。

【追記】2018年11月11日
どろあわわ&くろあわわが2018年リニューアルしました。
リニューアルしたポイントと、キャンペーン情報についてご紹介しています!
新商品の紹介記事はこちら >>>



せっけんカテゴリの最新記事